業務で使用する3dプリンターとラミネート機器の情報

3Dプリンタ

3dプリンターの素材

業務に3dプリンターを導入する場合、まずは3dプリンターに使用できる素材の種類について調べてみてはいかがでしょうか。こちらでは素材別の特徴をランキング形式でご紹介しております。ぜひ3dプリンター選びの参考にしてみてください。

READ MORE
CMYK

ラミネートの特徴

ラミネート機器には、普段カードやハガキを加工する際に使用するタイプのホットラミネート以外に、さまざまなフィルムを使用して加工を行うことのできるコールドラミネートというものもあります。加工したい素材に合わせてフィルムを選ぶために、フィルムの特徴について学んでみてはいかがでしょうか。

READ MORE

コストがかかるプリンター

企業では、ラミネーターや3Dプリンター以外にも通常のプリンターを使用することも多いのではないのでしょうか。通常のプリンターでは、印刷用紙やトナーの利用が多く、その分のコストがかかってしまいます。このようなコストの削減を行うためにできることを5つご紹介します。

コストを削減するために覚えておきたいポイント

ペーパレス化を導入する

コストを削減する方法には、ペーパレス化があります。ペーパレス化とは、紙の使用量を減らすというものです。今まで情報を印刷して共有していたものをパソコンでの共有に切り替えることで、その分の紙の使用量を抑えることができます。
しかし、取引先へ資料を渡さなければいけなかったり、業務の効率が悪くなってしまう場合もあるので、無理に導入せずに社員1人1人が紙の使用について意識できるようにすることが大切です。

トナーの購入方法を考える

プリンターで重要なトナーですが、例えば京セラのものを使用するならきちんと正規品でないと上手く反応せずに使用できない場合も出てきてしまいます。しかし、京セラのものに対応しているトナーを販売している業者もあるので、そのような業者を利用することでその分のコストを削減することができます。

節約ルールを決める

コストを削減するためには、社員全員の協力が欠かせません。冷房温度の設定温度を決めるなど、節約ルールをつくることで全員でコスト削減に取り掛かることができます。しかし、ルールを共有する際は「なぜこのルールを決めたのか」という理由も一緒に説明することが大切です。

無駄なコストの数値化

無駄なコストがかかっていると感じたら、それを数値化して社員全員に周知することで、コスト削減に対する意識を強めることができます。また、コスト削減を行った際は、どれだけ削減できたかの数値も周知しましょう。そうすることでコストを削減できた実感がわき、コスト削減に対する意識も高めることができるでしょう。

コスト削減のメリットを伝える

コストを削減することで会社はさまざまなメリットを得ることができます。しかし、会社のメリットだけを社員に伝えては上手くイメージできなかったり、協力する気が起きないということもあります。そのため、給与アップに繋がることや福利厚生が更に整うということを伝え、コスト削減で得られるメリットを意識させることも重要なポイントです。

[PR]

京セラのトナーを欲しい
安心の取り引きができる業者 3dプリンターの技術を確認!
作成に時間がかかるものをすぐに仕上げてくれる! コピー機をリースで利用したいなら注目!
最良の業者を手軽に検索☆

企業の節約術

プリンター

トナーを購入する場合は

トナーの購入方法を考えることが大切と伝えましたが、このトナーを購入する際は、リサイクルトナーを選ぶという方法もあります。リサイクルトナーは、純正品をリサイクルして再び使用できる状態にしたもので、安く購入することができるというメリットがあります。しかし、リサイクル品なので新品のものと比べると不具合が出てしまう確率も高くなってしまうのでその点は覚えておいたほうがよいでしょう。

ネットでトナーの注文をする

リサイクルトナー以外にも、純正品のトナーをできるだけ安く購入する方法があります。京セラのトナーを購入したい場合は、ネットで検索し、安く純正品の販売を行っている業者を探してみましょう。ネットで検索した場合、新品のものでも安くで提供している業者を探すことができます。また、配達などを選択することで自分で購入しに行く手間や時間、交通費等も削減できるというメリットがあります。

[PR]

広告募集中