3dプリンターの素材|コスト削減のために京セラのトナーを安くで手に入れる方法

使用したい素材の知識を身に付けて3dプリンターを選ぶ

Printer.com

現在主流の3dプリンター

現在、多くの企業が使用している3dプリンターは、ABS樹脂とPLA樹脂の加工を行えるプリンターです。この2種類の樹脂は加工しやすく強度も高いものですが、3dプリンターによっては他にもさまざまな素材を加工できるものもあります。

3dプリンターの素材

3Dプリンタ

3dプリンターを購入する際は使用する素材選びが大切

3dプリンターを購入する際は、どのようなものを作るのかをまず第一に考え、その造るものに合った素材を決めてから3dプリンターを選ぶと良いでしょう。造りたいものの形状や利用目的を考えると適切な素材を選ぶことができます。

素材の特徴を知る

3dプリンターでは、主に樹脂などが使用されていますが、フィギュアを造ることができる石膏や、ゴム製品を作成することができるゴムライクを使用した3dプリンターもあります。このように造るものに合う素材選びを行うために素材の知識を身につけることでプリンター選びをより正確に行うことができます。

3dプリンターで使用される素材BEST5

no.1

ABS樹脂

家庭で使用するものにもよく使用されている材料の「ABS樹脂」は3dプリンターで一番多く使用されているものです。粘着性も高く丈夫な樹脂を使用するため、日用品を造る際にも活躍している素材です。

no.2

PLA樹脂

加工の際に樹脂の匂いがあまり出ない「PLA樹脂」は第2位に選ばれました。PLA樹脂は加工が難しく塗料が馴染みにくいという点もありますが、低温で溶かすことができるため、冷えて歪んでしまうという状態を防ぐことができるという特徴があります。

no.3

ポリプロピレンライク

業務用でよく使用されているのが「ポリプロピレンライク」です。液体状の樹脂なので、それに紫外線を当てて固めるという造形方法を行います。衝撃にも強いということで第3位になりました。

no.4

ナイロン

「ナイロン」は、強度も強く耐熱性も備えているので、試験などに利用できるということから4位に選ばれています。比較的表面部分はザラザラとしていますが、柔軟性もあり非常に使用しやすい素材と言われています。

no.5

金属

3dプリンターには金属も加工することができるタイプのものもあります。「金属」は、アクセサリーを形作る際に活躍するということで5番目に使いやすいものとして選ばれました。チタン製のものはそのまま部品もつくることができます。

広告募集中