ラミネートの特徴|コスト削減のために京セラのトナーを安くで手に入れる方法

施工場所に合わせて選ぶラミネートフィルム

Printer.com

ラミネートの特徴

CMYK

ラミネート加工とは

さまざまな企業で活躍する機械の中に、ラミネート加工のできる機械があります。このラミネートは、柔らかい素材の紙や画用紙を丈夫にすることのできるフィルムを使用します。このフィルムを貼ることで印刷物の表面を保護したり、水分に強くすることができるのです。

ラミネーターの種類

ラミネートにはホラットラミネートとコールドラミネートという2つの加工方法があります。カードタイプのものに多く利用されているものがホットラミネートと呼ばれ、熱を利用してフィルムをくっつけます。コールドラミネートは熱を利用せずに糊のついたフィルムに圧力をかけ、くっつける方法を利用します。このコールドラミネートのフィルムにはさまざまな種類があり、環境に応じて素材を変えることもできます。
それぞれの加工方法を利用するには、別々の専用ラミネーターが必要になります。

コールドラミネートのフィルムの使いやすい特徴ランキング

no.1

軟質塩ビフィルム

コールドラミネートフィルムで1番利用しやすいものとして「軟質塩ビフィルム」が選ばれました。軟質塩ビフィルムは屋内で使用する素材の保護に役立てることができます。曲面の保護が他のフィルムよりもしやすいという特徴があります。

no.2

OPPフィルム

他のフィルムと比べると、透明感に優れているということで「OPPフィルム」は第2位になりました。保護できる期間は短いですが、透明感があることで文字や図の見やすさに影響を与えることなく保護することができます。

no.3

オレフィンフィルム

「オレフィンフィルム」は過酷な環境でも使用できる強い素材という理由で第3位となります。環境にやさしいというポイントもありますが、悪天候の屋外でも長期間保護することができるほど耐久性に優れている素材です。

no.4

フッ素フィルム

ホワイトボード用のフィルムとしてよく利用されているものです。汚れが付着しにくく、傷も防ぐことができるという特徴があるという理由から4番目に使用しやすいものとして選ばれています。

no.5

アクリルフィルム

環境問題に配慮した資材を用いて作られた「アクリルフィルム」は第5位です。透明感が最も高く、摩擦にも強い素材です。屋外で長期間使用することができ、厳しい環境のもとでも使用することが可能です。

広告募集中